袴の魅力を知る程にレンタル店に行きたくて仕方がない!

和装を着ている女性

袴に付いている紋の話

留袖などに「五つ紋付」の着物がありますよね。今回はその着物に付いている「紋」の話です。紋には、着物に施される時の技法や文様の種類、そして数にそれぞれ違いがあり、この違いは着物の「格」を表しています。そもそも紋はご存知の通り「家紋」でもあります。紋は平安時代からあり、公家が目印として考えた文様です。当時は牛車など使用されました。それがそのまま着物にも使われる様になります。室町・鎌倉時代には称号として定着し、武家の間で旗印に使われます。敵との区別に用いました。その後、町人などの庶民にも文化として伝わる様になります。 紋の技法には、生地を染め抜いて施す「染め抜き紋」(「表紋」(形を白く抜く。正式な紋のこと。)と「裏紋」(輪郭を白く抜く。略礼装に使われる。)の2つがある。)「縫い紋」は色のついた糸(主に黒、白、金、銀)で刺繍を施したもの。「貼り付け紋」は別の布に紋を染め、裏面を接着出来る様にしたものです。「格」はこの上からの順で高いです。 紋の数についてです。着物に用いる紋の数は「五つ紋」(背中に三つ、前に二つ付く。)「三つ紋」(背中に三つ付く。)「一つ紋」と決まっていて、「格」も紋の数が多い順に高いです。着物にとって、「紋」はその「格」を象徴する印という事がわかったかと思います。

ピックアップ

2016/07/26

袴のレンタルと購入の、それぞれの比較について

袴に関しては現在、インターネット上にある袴を扱うメーカーや専門店などが運営をしている公式サイト内に設置をされているお申し込みフォームなどから、レンタルや購入などの申し込みとかが出来るようになって…

»詳細を読む

2016/07/26

背が高い場合の袴レンタルについて

短大や大学の卒業式といえば、やはり袴ですよね。とはいえ、袴はほぼ大抵の人は卒業式の日しか使わないもの・・・だからこそレンタルで借りるのが賢いと思いますし、おすすめです。とはいえ、背がものすごく高…

»詳細を読む

2016/07/26

最近は小学校の卒業式に袴を着るのは常識

殆どの小学校には、制服はありません。そのため、小学校の卒業式には普段着ではなく、フォーマルなスーツやワンピースで出席する子供が多数でした。しかし、ここ数年でその様子は一変しました。女子を…

»詳細を読む

2016/07/26

袴に付いている紋の話

留袖などに「五つ紋付」の着物がありますよね。今回はその着物に付いている「紋」の話です。紋には、着物に施される時の技法や文様の種類、そして数にそれぞれ違いがあり、この違いは着物の「格」を表していま…

»詳細を読む