袴の魅力を知る程にレンタル店に行きたくて仕方がない!

和装を着ている女性

袴の魅力について

袴を着ている女性

袴はとても不思議な魅力を持っています。日本人はあらゆる節目の時に着物を着る習慣を持っています。七五三、お宮参り、卒業式、成人式、結婚式、葬式などです。
昔の人からすれば着る機会はかなり減ってきてはいるものの、例を挙げた行事の時にレンタル等でもまだまだ着ることが常識とされています。高くて買えなくてもレンタル袴なら安心ですね。私自身も、成人式や結婚式、卒業式でレンタル袴を着せてもらいました。いつも着ている洋服と違ってとても新鮮です。身が引き締まる思いでもあります。
私が小学生や中学生の時には、母が袴で卒業式や入学式に来てくれていました。周りはみんな洋服なのに自分の母が着物で来てくれてるのを見て、とても誇らしく、嬉しかったのを覚えています。今思えば、袴を着るのは大変なことなのにわざわざ自分の為に着てきてくれたという事も嬉しい思いです。
一番最近では、私の結婚式の時に母が留め袖を着ているのを見ました。やはり私の大事なイベントで母が袴を着てくれるというのはなんとも言えない気持ちでした。子供ができた今、これからは私がそうして子供のために袴を着て出ていくのだと思いました。それが節目節目のけじめになるのだと、息子も感じてくれたらいいなと思いますわ。私の記憶の中には、凛としてかっこいい母の姿は一生残っていくことでしょう。

袴を知って楽しく選びましょう

結婚したら、袴は小紋柄がオススメです。長襦袢と肌襦袢と長襦袢に半襟を掛けます。半襟は、白が合わせやすいので、レンタルする際もオススメです。その時々で色々な袴を着れるのがレンタル店のメリットですね。
小紋の柄の一つを選んで半襟襟の色を選ぶと袴をオシャレに着こなせます。腰紐五本あると便利です。タオルは2枚あると良いです。伊達締め一本に帯板1枚です。後ろにゴムベルトが付いていると楽に息が出来ます。帯枕と洗濯バサミで襟を挟むと綺麗に着れます。帯揚げと帯締めと帯です。1人で着る場合には分離した帯は、お太鼓と前の帯と分離してるの物は簡単に着ることができます。腰紐を胸のすぐ下とお腹のへその上に結ぶと崩れにくいです。
長い時間綺麗に着ていたいものです。そのためには、帯を結ばずにタレの部分とお太鼓の部分をネジって腰紐で、しっかりと結ぶのがオススメです。帯を選ぶ時は、袴対して少し濃いめを選ぶと引き締まった感じになります。明るい物を選ぶと華やかな感じになります。帯揚げの色は、ピンクであれば何色の着物や帯でも間違いないです。後ろの襟を3センチほど引っ張りながら前の襟は、肩甲骨が隠れるくらいに襟を合わせます。
すると綺麗に着れます。歩く時は、小股で歩くと崩れにくく上品に見えます。座る時は、腰から下を気にしながらゆっくり座ります。背筋を伸ばしてうつむき加減で歩くと袴の似合う姿になれます。袴を気軽に1人でも着れますがレンタル店等を利用して手伝ってもらうのもありだと思います。

袴のレンタル店で働くのに着物の着付けの資格を取得!

袴の着付けの仕事が出来たらいいなと思って勉強を始める人は多いかと思います。着物のレンタル店では求人を募集する際に資格持ちの方は優遇されます。レンタル店で色んな袴の着付けをしてみたい!と思う方もいるかもしれませんね。この際、着付けの資格をとってみるのはいかがでしょうか。習得できる着付けの資格を簡単にまとめてみました。
下の級から紹介していきます。まずは、「三級着付講師」です。着物教室などで一定の課程を終えた後、筆記・実技試験に合格する事で習得可能です。人に着付ける(普段着や帯結び)技術を習得できます。「二級着付講師認定証」です。
「三級着付講師」同様、筆記・実技試験を行います。ですが、帯結びなどよりレベルの高い(留袖や振袖の紐を使ったりします。)技術を習得します。「一級着付講師認定証」です。人に着付けを教えたり、着付け教室などを開く事が出来るようになります。花嫁衣装などの難しい着物の着付けや帯結びを習得します。「着付技能士」です。
国家資格の一種で筆記・実技試験を行います。「着付技能士には」1級・2級が存在します。さらに1級習得には、実務経験が必要になります。大学などで専門の学科を卒業していれば3年ですが、実務経験のみの場面は5年、必要となります。基本的には筆記・実技試験に合格する必要があるようです。筆記では、着物や帯結などについての知識が必要ですし、実技では決められた袴を決められた時間に人に着付ける必要があります。資格を取って着物のレンタル店で働いてみるのもいいですね。

ピックアップ

2016/07/26

袴のレンタルと購入の、それぞれの比較について

袴に関しては現在、インターネット上にある袴を扱うメーカーや専門店などが運営をしている公式サイト内に設置をされているお申し込みフォームなどから、レンタルや購入などの申し込みとかが出来るようになって…

»詳細を読む

2016/07/26

背が高い場合の袴レンタルについて

短大や大学の卒業式といえば、やはり袴ですよね。とはいえ、袴はほぼ大抵の人は卒業式の日しか使わないもの・・・だからこそレンタルで借りるのが賢いと思いますし、おすすめです。とはいえ、背がものすごく高…

»詳細を読む

2016/07/26

最近は小学校の卒業式に袴を着るのは常識

殆どの小学校には、制服はありません。そのため、小学校の卒業式には普段着ではなく、フォーマルなスーツやワンピースで出席する子供が多数でした。しかし、ここ数年でその様子は一変しました。女子を…

»詳細を読む

2016/07/26

袴に付いている紋の話

留袖などに「五つ紋付」の着物がありますよね。今回はその着物に付いている「紋」の話です。紋には、着物に施される時の技法や文様の種類、そして数にそれぞれ違いがあり、この違いは着物の「格」を表していま…

»詳細を読む